高田製作所

ABOUT TAKATA FACTORY

高田製作所の創業者は1947年第二次世界大戦中、
高岡の鉄砲町で大砲の鉄鋳物の砂型鋳造技術を基盤に仏具の製作を始めました。
終戦当時、人々の心の支えだった仏具の製造が、高田製作所の高度な鋳造技術と研磨加工技術の源です。
「モノをつくることは、人を愛するように」と残した創業者の言葉は、
モノづくりに関わる姿勢とともに、つくる作品のひとつひとつが
人々を幸せに導くものでなくてはならないことを語り続けています。
その精神を引き継ぎながらお客さまにとっての品質、コスト、納期、デザイン・・・
すべての工程で細心の配慮と情熱を注いでいます。